チャンピックスで煙草が吸いたくなくなるのはなぜ?

健康や美容のために煙草をやめたいと考える人が増えてくる時代となりました。
しかし、実際には禁煙を達成することは難しく、やめようと決意してもつい煙草が吸いたくなってきてしまって一本に手を伸ばしてしまい、それがきっかけとなってまた喫煙生活を再開してしまうことになりがちです。
そういった状況から脱却するための禁煙補助に役立つ医薬品としてチャンピックスが登場しました。
チャンピックスを服用することによって煙草を吸いたくなくなるというのがメリットとしてメリットとしてうたわれており、チャンピックスを利用した禁煙を志す人を増やす理由となっています。
チャンピックスを服用することによって煙草が吸いたくなくなるのは煙草によって得られる精神的な満足感が得られなくなるからです。
喫煙によって精神的な満足が得られるのはニコチンの作用による部分が大きく、ニコチンが脳内にあるニコチン受容体に作用することで精神的な満足感をもたらすドーパミンを放出させるということがそのメカニズムとして知られています。
チャンピックスの有効成分であるバレニクリンはニコチン受容体に強く結合するものの、ドーパミンを放出させる作用が弱いことが知られています。
これによって二つの恩恵がもたらされることになります。
一つは少量放出されたドーパミンの刺激によってある程度の精神的な満足がもたらされるため、それで我慢できれば煙草をあえて吸おうと思わなくて済むということです。
そして、もう一つが煙草を吸ってニコチンを摂取しても、バレニクリンによって作用が拮抗されるため、精神的な満足が得られにくくなるということです。
これらが組合わさることによってチャンピックスを服用することで煙草を吸いたいという気持ちがなくなっていくのです。

■チャンピックスをお得に購入するには
チャンピックスはネットで購入可能