北海道内でチャンピックスを使っている禁煙外来を探す

禁煙が自分の努力だけではなかなかうまくいかないのには理由があります。それは、たばこに含まれるニコチンに依存性があるからです。
たばこのニコチンが体内に入ると脳のレセプターに結合しますが、この時に快楽ホルモンであるドーパミンが大量に放出されてたばこを吸った人はいい気分になります。禁煙するとニコチンがなくなってドーパミンが出ませんので、脳からはたばこを吸うようにという指令が出され、これが禁煙を難しくしています。
最近は、総合病院内やクリニックに禁煙外来を置いているところが増えてきています。北海道内にも禁煙外来を設置している医療機関があります。
禁煙外来では、ニコチン依存症を起こしている人を対象にして薬物を使って禁煙のサポート治療をしています。禁煙外来行う治療は、ニコチン切れの禁断症状を抑えることに重点を置いています。そのために使われる医薬品に、ニコチンパッチや飲み薬があります。
ニコチンパッチは、皮膚から少量のニコチンを体内に供給して禁断症状をおさえます。一方飲み薬では、ニコチンを全く含まないチャンピックスなどの内服薬が使われるのが一般的です。
チャンピックスにはニコチンは含まれていないのですが、体内でニコチン同様にレセプターに結合してドーパミンを分泌させる成分が配合されていてこの薬効によりニコチンの禁断症状を軽くすることができます。
北海道内の禁煙外来でも、このチャンピックスを使った治療をしているところがあります。チャンピックスを使った禁煙治療は、12週間を基本とした医師の処方で一定期間受診をする必要があります。
当然指示通りに通院を続けた人の方が禁煙が続く確率は高くなり、北海道の病院でもそうした結果が報告されています。