チャンピックス広告を無料店内にはる、校内全面の効果

医療業界においては禁煙を推進するということが大きな課題の一つとなっています。
医療費の高騰によって国の予算も大きく圧迫されていることから、特に高度な医療を必要とする疾患のリスクを避けるように国民を啓蒙することが必要となっています。
がんを代表として様々な疾患のリスクファクターとなるのが喫煙であり、喫煙者を減らすことが必要となっているのです。
病院においては禁煙外来が設置されて禁煙補助薬であるチャンピックスが利用されるようになりました。
ニコチン依存症であると医師が診断を下せば保険適用で治療を行うことができることに加え、医療行為であるという信頼性から禁煙に踏み出す人を増やすための活動が積極的に展開されるようになってきています。
禁煙に関して大学では構内全面の効果もあって歩き煙草を吸う人はずいぶん減りました。
構内全面の効果は病院ではさらに大きく全く見られない程度になっています。
構内全面の効果がうまく発揮できていない大学もあるのは事実であり、そういった場所ではポスターを無料店内に張ることで啓蒙を促しています。
チャンピックスや禁煙外来の存在をポスターを無料店内に張ることを通して多くの学生や教職員に目の当たりにしてもらうことによって構内全面禁煙となって煙草を吸いにくくなっている環境に順応する意識を高めたいということが根底にあります。
無料店内に張ることによってより学生に見てもらえる可能性が高まり、近い将来に結婚して子供を持つ可能性のある喫煙者の学生がチャンピックスを利用して禁煙を達成することで、次の世代への悪影響をなくすこともできます。
そういった考えから大学を対象にした積極的な禁煙推進の取り組みがなされてきているのです。